児童生徒による自己評定

アンケート用紙と結果集計ソフトがダウンロードできます。
 アンケート結果の集計方法として,エクセルを用いた方法とSQSを用いた方法の2通りを用意しています。これらはアンケートの回答の入力方法に違いがあります。それぞれの特徴をよく読んで,どちらか選択してください。(アンケートの質問項目は同じです。)

なお,対象学年はすべて小学3年生以上です。

 エクセル用での回答は,アンケートの質問を読んで,あてはまる番号に○をする通常のアンケート形式です。結果集計の際は,記入されたアンケート用紙を見ながら,エクセルファイルに,回答を直接入力します。

 SQS用での回答は,アンケートの質問を読んで,あてはまる回答欄の○を黒く塗りつぶすマークシート形式です。結果集計の際は,記入されたアンケート用紙をスキャナで読み取ることで,回答を自動的に集計します。SQSでの集計には,事前にスキャナを準備することと,SQSを起動しておくことが必要になります。(SQSは無償のソフトです。)

※アンケートを集計する人数が多い場合や複数回アンケートを実施する場合は,SQSが便利です。
※ただし,Java実行環境が“JRE6.0”以降である必要があります。